雑貨のじかん。

たいせつなもの。 たいせつなこと。 たいせつなひと。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. スポンサー広告

ブログ終了までの予定について。 :: 2014/04/13(Sun)




*今後の予定*


line-1.png 


つみき*さんおすすめの雑貨屋さん   3月8日更新   
 
おすすめの雑貨屋さん ネットショップ編   3月30日更新

最後の月いちカフェ   3月22日更新

雑貨のじかん。特別編   4月4日更新

地元さんぽ 前編   3月14日更新

地元さんぽ 後編   3月17日更新

ブログの思い出   4月12日更新

たいせつなもの。   4月13日更新

たいせつなこと。   4月10日更新

たいせつなひと。   4月1日更新

おわりのじかん。    4月14日更新


line-1.png 




つみき*です。(・∀・)ノ

さきほどお伝えしましたとおり

ブログ終了までのメニューになります。

桜が咲く頃までに

更新を進めていきたいと思っています。


タイトルが順番どおりにいかなかったり

その他にも雑貨のご紹介などが入るかもしれまんが

息子を巻き込んでの楽しい更新になると思いますので

どうぞお楽しみに。




*この記事はブログのトップページにくるようにしておきますので

更新日時をご確認いただけたらと思います。

よろしくお願いいたします。(^-^




2月25日(火)21時30分更新









web拍手 by FC2

スポンサーサイト
  1. 未分類

たいせつなもの。 :: 2014/04/13(Sun)




yotuba1.jpg
 



こんにちは つみき*です。(・∀・)

わが家の窓から見える 遠くの桜の花も

もうずいぶん散ってしまって

ちらほらと初々しい若葉が顔をのぞかせています。

これからの葉の生い茂った桜の季節もまた 

いいものですね。


今日はね 私のたいせつなものについて

お話させていただこうと思います。


ですが

ずっとずっと 考えても考えても

答えは絞りこめず

おうちの中をうろうろうろ。。(((・ω・・ω・)))



けっきょくのところ

わが家に今置かれている 

私が選んだものたちは

同じようにたいせつなものだから

選べないんだ。。という結論にいたりました。


ひとつひとつの雑貨や本を手に取り

目を閉じて 自分の気持ちを確認してみると

すべてのものたちに しあわせを感じるのです。

あぁ 私はこんなにたくさんのものたちに

しあわせにしてもらいながら

毎日いきいきと暮らしていたのねって 。



でもその中でも

すこし特別の存在のものたちがあります。


それはね

息子といっしょに過ごしたじかんの中で

笑顔になれたり

喜びを分かち合えたりしたものです。(^-^


目をきらきらさせながら私のところへ駆けよって

「ママかけたよ~。」と差し出された 

ちいさなおててににぎられたお絵かきの

 紙のシワや

へんな場所についてしまったクレヨンのあと

一生懸命想像しながら書いた

テレビのキャラクターのにこにこ笑顔。

どの部分も私には愛おしくて しあわせで。


息子のお絵かきは 

私にとっては けっして捨てることはできない

神の領域となっています。(^m^

しばらく前に おうち中の断捨離を決行したことがあるのですが

息子のお絵かきや絵本などに関してだけは

なにもする必要がなく

押入れの天袋に たいせつに残してあります。  


すべてすっきりと捨て去るのではなく

自分がほんとうにたいせつだと感じるものであれば

残しておくことが 心のゆとりにつながるのでは

ないかしらって思います。



皆さんにも 

たいせつにしている 思い出のお品はありますか?








 ikon30.gif







ブログ更新も 残り1回をむかえ

ここですこし 終了時とそのあとの

ブログ環境について

お話させていただきますね。


「雑貨のじかん。」の最終回ですが 

明日の4月14日を予定しています。

3年と8ヶ月 多くの方に見ていただき

ほんとうにしあわせなじかんでした。 

ありがとうございました。

私自身も思い出がたくさん詰まったブログですし

「残しておいてください。」とのお言葉に甘えさせていただき

今後もブログの削除はせずに 

残したままにしておくつもりです。

ただ コメント欄を開放したままにしておきますと

イタズラなコメントをいただく心配もありますので

コメント欄は今月(4月)いっぱいをもちまして

閉鎖とさせていただきます。

そして最終更新のコメントのお返事に関しましては

ブログ終了後のコメント欄閉鎖前に 

確認できない場合を考えまして

明日の最終更新(4月14日)前までの
 
こちらの記事までの

お返事とさせていただきますことを ご了承ください。

今月中であれば お返事はできませんが

いただきましたコメントにつきましては たいせつに

拝見させていただきますね。

申し訳ありませんが よろしくお願いいたします。人(^-^


その他 もう必要のない記事を一部削除させていただいたり

リンクなども閉じさせていただきます。


私のブログへリンクしてくださったブロガーの皆さん

長い間リンクしてくださり ほんとうにありがとうございました♪

皆さまのご活躍を 陰ながら応援させていただきますね。




それでは またあした。

最終回でお会いいたしましょう。(´∀`)ノ








imgf1b3aaeezik4zj.jpg 


ご訪問ありがとうございました♪


明日の最後の更新は

「笑っていいとも」のタモリさんを見習って

いつものように 明るく楽しく

最後を迎えたいと思っています。 














 
web拍手 by FC2

  1. 未分類

ブログの思い出 :: 2014/04/12(Sat)




i266_1.gif  





こんにちは つみき*です。(^-^

今回の記事では ブログの思い出話などを

させていただきますね♪



「雑貨のじかん。」を開始してから3年と8ヶ月

過去記事はあまり振り返ることもなく

更新してきました。

あらためて 重ねてきた雑貨の記事の多さにびっくり

もうこんなにたくさんの雑貨たちをご紹介させて

いただいていたのですね。


すてきな雑貨たちの写真撮影はほんとうに楽しくて

時間も忘れてパチパチと長い時間撮影していたことも

よくありました。

なにせ古~いカメラですから(^m^

午前中の明るい室内でしかきれいに撮影できなくて

雨やくもりの日の夕方の撮影は おあずけになることも

よくありました。 

おひさまの自然な光が差し込むひだまりのリビングでないと

自分らしい写真が撮れないし 思いは伝わらないということが

日々の撮影で感じていたことです。 

そしてこの古いカメラでないと

かわいらしい雑貨の表情がうまく読み取れない。。

そんな風に感じたのは 新しいカメラを迎えて

撮影して見比べてみたときに発見したことでした。

画素数も少なく どう試みてもぼんやりとしか撮れないのですが

おひさまの光に照らされた雑貨のやさしい表情は

このカメラだからできることなんだと

おんぼろカメラのクオリティーの高さにびっくりもしました。
 

世間にはデジイチなんて呼ばれている 

すばらしくきれいに撮影できるカメラがあるわけですが
 
私の心を写してくれるこのカメラを

たいせつにしようと思いました。

そして このカメラが壊れたときがブログを終了するとき。

それまでは私の雑貨仲間

よき相棒としていっしょに過ごしてゆこうと自然に

思っている自分がいました。


実はその相棒のデジカメくん。

そろそろ終わりのじかんが近づいてきているようなのです。

それは私が「ブログをおしまいにしよう。」と

考え始めた頃からのことでした。
 
偶然ってすごいです。

ほんとうに同じタイミングでのできごとでした。

もしかしたら

私のために 今まで老体にムチを打って

がんばって撮影してくれていたのかもしれません。


最近ではせっかく起きてくれたのに

すぐにまた真っ暗になってねむってしまう。そんな

日が多くなってきていました。

「もう少しだからがんばって。

カメラを励ましつつ なんとか桜の季節まで

持ちこたえることができて

相棒としてがんばってくれて とてもしあわせな

ブログライフでした

私の遊びに長い間付き合って支えてくれて

 カメラくん

ほんとうにありがとう。人(u_u
 






411-15d.jpg 


このノートはずっと前ですが

ダイソーで購入したお品です。(^-^

しだいにたくさんの方に見ていただけるようになって

プレゼント企画のための専用ノートになりました。

なので 応募してくださったすべての方のハンドルネームと

当選者の方のご連絡先が書かれています。

北海道から沖縄まで ほんとうにたくさんの方にご参加いただきました。


当選者さんの中で いちばんびっくりしたのは

なんとわが家から徒歩10分ほどの場所に

お住まいの方がいらっしゃったことです。

当時は天白区に住んでいるということを

ないしょにしていましたから お手紙にも書かずに

ひとりであたふたと大喜びの毎日でした。(笑

もう今はその方が私のブログを見てくださっているのか

わかりませんが とっても心躍る 楽しい経験を

させていただきました♪


ぱらぱらとめくるノートの中の

応募された方のハンドルネームを拝見すると

その頃のわくわくと楽しかった気持ちがよみがえってきます。


もう一度 お礼を言わせてくださいね。

私のつたないハンドメイドの作品に

ほんとうにたくさんのご応募を

ありがとうございました。








411-13d.jpg 


なつかしいプレゼントのお品。

クロスステッチの手作りカードとデコパージュの

「CAFE」のつみきです。

デコパージュ石鹸は ほんとうにたくさんの方が

まねっこしてくださってうれしかったです♪

デコパージュでネット検索して 初めて見てくださる方も

多かったようです。

あと「まきまきハンガー」(ハンガーに布を巻く)もなぜか

多いみたいで。・・どうしてでしょ?(笑







411-14d.jpg 


こちらのスタンプは プレゼント企画のお品を

当選者さんにお届けするときに

よく封筒などにおしていました セリアの

とりさんのスタンプです。(^-^

「あぁそういえば。。」と覚えていらっしゃる方も

いるかもしれませんね。

いちおう私のイメージキャラクターはとりさんなのです。(^m^

ご存知でしたか?(・∀・)

ブログのプロフィール画像ではいつもとりさんなんですよ。


そのとなりのスタンプは

「雑貨のじかん。」のスタンプです。

「つみき*さん 作家デビューされるんですか?」と

ご質問を受けたことがありますが

違います。

ただいっちょまえに 作りたかっただけです。(笑

こちらのスタンプも当選者さんの封筒の裏側に

いつもぺたぺたと おしておりました。

この先もずっと たいせつな記念のお品として

残しておきますね。





ご縁があって 仲良くさせていただいていた作家さんの

作品展へうかがったり 音楽会へ招待していただいたり

したことも とってもよい思い出です。(^-^


それからあたたかい励ましのお言葉をたくさんたくさん

いただいたこと。


仲良くしてくださったブロガーさん。


顔も見えない私に ご自分のたいせつなできごとを

ご相談いただいたことも少なくありませんでした。

私のことを信頼して打ち明けてくださったみなさん

いたらないお返事しかできませんでしたが

人として 考える機会を与えてくださったことに

とっても感謝しています。ありがとうございました。


おもしろいエピソードを教えてくださった方。


すてきなお店の情報を提供してくださった方。


外国から見てくださっている方。


はずかしくてなかなかコメントができないみなさん。


子育て奮闘中のママさん。


お仕事が多忙な中 見てくださっている方。


雑貨男子の方。


眠れない夜に見てくださる方。




私のブログをすきでいてくださったすべての方へ

ほんとうに ほんとうに

ありがとうございました。






imgf1b3aaeezik4zj.jpg 



ご訪問ありがとうございました♪

残りの2回

どうぞよろしくおねがいいたします。´∀`)ノ










web拍手 by FC2

  1. 未分類

たいせつなこと。 :: 2014/04/10(Thu)



w64.gif
 



こんばんは つみき*です。(^-^

今日の名古屋はとっても風が強い一日でした。

せっかくの桜の花びらが

ずいぶん散ってしまいましたね。

葉桜の頃も もう間もなくですねぇ。



今日のテーマは「たいせつなのこと。」ということで

私がたいせつに思っていることについて

お話してみようと思います。

ひとくちにたいせつなことと言っても

いろいろあるのですが

雑貨ブログをさせていただいているので

今回は雑貨への思いなど お話させていただきますね。




私が「雑貨のじかん。」をはじめたきっかけは

ナチュラル雑貨がすきな友人がまわりにあまりいなかったこと

そして100円ショップの雑貨が以前よりも

おしゃれでかわいらしく大変身していることを知って

セリアやダイソーでのお買いものが楽しくて

おしゃれな100均雑貨たちを見ていただきたくてはじめたからでした。

それまでふつうの雑貨屋さんでこつこつとお気に入りを探しては

お部屋に飾っていた私にとって

100円ショップのナチュラル雑貨の登場は

かなりセンセーショナルなできごとでした。

毎日お店に行っても楽しくって

お仕事が終わったあとでセリアへ立ち寄るのを

とっても楽しみにしていました。

新商品を見つけては ひとりで大喜びして
 
棚にお気に入りを並べて

カメラにおさめてブログにアップする。。

ずいぶん長い間 そんな日々が続きました。


でもそんなある日
 
私の「今」をつくる あるできごとが2つ起こりました。

ひとつは震災。

そしてもうひとつは100均の木製ケースのアクシデントです。

リメイクをしようと購入したそのお品は

おうちに帰って袋から出してみたら

いつの間にかひどく亀裂が入っていて

ふたが使えない状態になっていたのです。

「よく見たはずなのにどうして。。」

でも不良品を買ってしまったかもという事実よりも 

使われている「木」に対して

申し訳ないことをしてしまったと

その時 ひどく落ち込んでしまったのです。

木はきっと こんなことのために

生まれてきたかったわけではないのに

切り取られて刻まれて 挙句の果てには使われる前に

その役割さえも果たせないなんて。。


私はどちらかというと

物はなるべくきちんと たいせつに使いたいと思っている

人だと 自分で思っています。

でもたいせつにしたくても 

できないものもあるんだなって

使い捨てのような扱いをされてしまうしかない

商品もあるのだと 悲しいことですが

その時 ようやく理解できたことでした。

100均でもたいせつにずっと使いたいと思っていた私と

もともと壊れやすい木材の商品だったという現実を 

よく考えもしないで うれしいという理由だけで

買ってはいけないことを知りました。


そうなると いくつもの同じようなリメイクを

くり返すことも 100均だからいいや。なんて

たいせつな資源を無駄にしていることに気付いて

しだいに 減っていきました。


ずっと手元に置いておきたくって

ほんとうに欲しいと思うものを よく考えて。。

そんなふうに心に決めて 今の私になりました。

今の私というよりも

もとの私に戻った。と言ったほうがいいかもしれません。



今でも自分で手をかけてリメイクすることは大すきです。

今日も10年ほど使っているパソコンデスクを

塗りなおしました。(^-^

たいせつにしているデスクに さらに「長生き」

してもらうための おめかしです。

これからは 活かせるリメイクを目指したいと思います。



震災があってから 東北の手仕事のお品に

目を向けるようになって 3年が経ちました。

ブログにはもう書いていませんが

毎年3月に 東北のお品を買わせていただいています。

最初は独りよがりですが 応援したいという意味合いでした。
 
でも今では 震災を忘れないということに加えて

手仕事の 民芸品のすばらしさに出合わせてくれた東北に

感謝の気持ちを込めて買わせていただいています。

時が経てば経つほど味わいを増していく民芸品と

お手入れをしながら ずっとたいせつに使い続けたい私との

相性は とってもいいように思います。(^-^




自分の目で見て 足を運んで選んだ雑貨たちは

今も ブログを終了してからこの先も

たいせつな たいせつな 私の宝ものです。

もし いつの日か時が経ってから

私のことをふと思い出してくださる機会がありましたら

きっと私はまだ あなたの想像通りの雑貨と生活を

していると思います。

「あぁ つみき*さん 今でもあのかごを使っているかしら。」なんて

ずっと おばあちゃんになるまで

そのままの私でいたいと思っています。






imgf1b3aaeezik4zj.jpg 


ご訪問ありがとうございました。

今まで100均リメイクを楽しみにしてくださった皆さん。

ブログ終了間際にそんなこと言わなくても。。

と思われたかもしれませんね。ごめんなさい。人(u_u

でも私には とてもとてもたいせつなことでした。

たくさんの楽しいリメイクを経験できたことは

今でもとっても楽しい思い出です。

これからも自分らしい雑貨選びとリメイクを

楽しんでいけたらと思っています。リメイク記事への

たくさんのコメントを 今までほんとうに

ありがとうございました。







 今日の1冊 






しかけ絵本の「ナマケモノのいる森で」です。

本を開くと ナマケモノの森が広がり

思わず「わあっ」っと歓声をあげてしまいます。 

・・森があるのはだれのため?

人のため?

たいせつなことに気付かせてもらえる絵本です。







 




 
web拍手 by FC2

  1. 未分類

たいせつなひと。 :: 2014/04/01(Tue)




w89.gif
 


こんばんは この2~3日で

いっきに咲いた桜を見て

こんなお顔になってしまいましたつみき*です。↓

  Σ(・Д・;)ななっ

完全にペース配分を間違えてしまいましたねぇ。(・ω・;)

・・と いうことで

ブログ終了は 桜の花が満開のころ。ではなくって

「花びらがひらひら舞い踊る葉桜のころ。」に

設定変更いたします。(笑

もうすこしだけ

よろしくお付き合いくださいね。人(^-^








320-2d.jpg


さて今日はね めずらしく私の父のことを

書いてみようと思います。(^-^




数年前 父が亡くなるまでの間

私は病気の父と 骨が弱く骨折をくり返してしまう母の

スーパーの買出しや病院の送り迎えなどの

身のまわりのお世話を

数年間していたことがあります。

母は明るくマイペースな人でしたが

病気のせいで食が細くなり 食べられるものの数が

極端に少なくなっていつも不機嫌な父の

食事のしたくをすることに

その頃ずいぶん大変な思いをしていました。

母はあまりお料理がすきな人ではありませんでしたから

なおさらですね。(´-`

大きな病気でしたし 機嫌がよくないのは

父は父で とても不安で

母にやさしくしてほしかったのではないかと思います。

背後に忍び寄る死への恐怖心も

痛いほどわかりますし 

母の大変さもわかっていましたから
 
どうにかしてあげなくちゃ。という思いが

その頃私の中に常に強くありました。



父がその頃 唯一大すきでよく食べていた

やわらかいサーモンのお刺身が

のどを通らなくなってしまったとき

父の体重が38キロにまで落ちてしまい

おトイレに立つのがやっとという状態でした。

寝室のお布団に横たわり
 
若い頃 きちんとスーツを着て凛々しかった父が

印象深い私は

ただ天井を見つめているだけの 痩せ細って

弱々しく変わり果てた父の姿が

 かわいそうで つらくて。。
 
でも父の前では笑顔でいなくちゃ 悲しい思いを

させてしまいますものね。


切なく悲しい光景を見たあとで

涙は見せずにどうにか実家を出て

車に乗り込んだとき ふと

お食事じゃないけれどケーキなら

ふわふわとやわらかいし食べられるんじゃ

ないかしら。。と気づいて その足で

植田のLAKEWOODさんで食べやすそうな

ロールケーキの「植田ロール」を買ってみようって

思ったのです。


まただめだったらどうしよう。

食べられなくてひどく傷つけてしまったら。。


そんな 重てく暗い気持ちのまま 店員さんを見上げましたらね

とってもすてきな笑顔の店員さんのお顔が

目に飛び込んできたんです。

辛いときに向けられる笑顔ほど うれしいものはありませんね。

もちろん店員さんは私の事情など全く知りません。

でもなんだか救われたような気がして

あふれそうな涙を必死でこらえている自分がいました。


ロールケーキを受け取り

そのまま もういちど父のもとへ届けに行きました。

食べやすい幅に切り分けて父の枕元に差し出すと

いつもとすこし違う反応。

ひさしぶりに見たロールケーキに興味を

示してくれたんです。

そして ひとくちぱくり。


「・・・おいしい。」


力のない声でしたが その表情は

とてもうれしそうで しあわせそうで。

父が喜んでくれたことが何よりもうれしくって

涙がぽろぽろとこぼれてしまいました。


おいしいって思えるってしあわせなこと。

おいしいと感じることは 生きている証ですよね。

もういちど父に「おいしい。」と感じさせてくださった

LAKEWOODさんに

そしてすてきな笑顔で私の心を救ってくださった店員さんに

心より感謝申し上げます。






その後 ホスピスに入院した父が息を引き取って

1ヶ月が過ぎたころ

父を偲んで そしてLAKEWOODさんに父のお礼を

言いに お店へうかがったことがあります。

お店に入ると あの時と同じ

すてきな笑顔で迎えてくださった店員さん。

あの時の気持ちがふわっとよみがえってきて

感謝の気持ちといっしょに痩せ細った父の姿がよぎって

また涙があふれそうになって
 
せっかくお礼にうかがったのに

ただ「植田ロールをひとつください。」と

声を絞り出すことしかできませんでした。

そしてケーキを受け取ったあと 心の中で「ありがとうございました。」と言い 

おじぎをしただけでお店から出てきてしまいました。

きっと今にも泣いてしまいそうな私に

様子のおかしいお客さんって思われたことと

思いますが(はずかし。。)

今でも ケーキを買わせていただくたびに

あのときの事を思い出して

心の中で「ありがとうございました」と

つぶやいている私です。







私が幼かったころは 父はとても厳しくて

近寄りがたい存在の人でした。

やがて私は妻になり 母になり

そして父はおじいちゃんになりました。

お仕事をリタイヤしてからの父は ほんとうに

すてきなおじいちゃんで いつも私と息子のことを

気にかけてくれていました。

旅行もコメダもフランス料理もデパートも

平日休みの夫に代わって ずいぶんいろいろな場所へ

連れて行ってもらいました。

息子が小学校高学年になるころ

私と父の役割が入れ替わっていくことになるのですが

どんな形であっても

父とたくさんの時間を共にできたこと

そして私と息子へたくさんの愛情をそそいでくれたことは

一生の私の宝物です。


そしてもし私が死んでしまったら

真っ先に天国にいる父のもとへ行き

おみやげのロールケーキをいっしょに

いただきたいと思います。








320-1d.jpg 









imgf1b3aaeezik4zj.jpg 


ご訪問ありがとうございました♪


父がいるから私が生まれ

そして息子を授かることができました。

天国の愛するお父さんへ

感謝をこめて ほんとうにありがとう。
















 
web拍手 by FC2

  1. 未分類
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。