雑貨のじかん。

たいせつなもの。 たいせつなこと。 たいせつなひと。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. スポンサー広告

こころの栄養 :: 2011/04/05(Tue)

45-1a.jpg 


こんばんは、長い時間バス待ちで

顔が日に焼けてりんごのほっぺ中のつみき*です。

(ノд*)ノ   きゃ~やめて~シミできるーっ


今日は息子が通うことになった高校の入学式でした。

真新しい制服に袖を通した姿を初めて見て

「おっ、かっこいいね。」(・∀・)

と本人には言いましたが、見慣れぬ姿がおかしくて

ちょっと笑いをこらえてしまいました。^m^

子供の初々しい姿はうれしいのと同時に、なんだかくすぐったい、

そんな気持ちです。


↑のいちごのケーキは息子のリクエストで

大好きなケーキ屋さんで購入したもの。

息子が塾から戻ったら食事の後でいただきます。



nobiru1.jpg 



私が大切にしている宝物の中に

息子が小さい頃読み聞かせしていた絵本があります。

ちっともじっとしてくれなくて手を焼いた息子ですが、

ママのひざの上で聞く読み聞かせが大好きでした。

一日のうちに何度も何度も絵本を開いては

同じところでびっくりして同じところで笑う。

そんな息子の姿が楽しくて、私もいつも同じところで一緒に笑っていました。

そんな息子も小学生になると自分で読むことが増えて

私の読み聞かせをする機会もしだいに減ってゆきました。


小学5年のある日、なつかしい絵本を持って私のところへ

やってきた息子が、はにかみながら

「ママ読んで。」 と言いました。

小学5年というと、背の高い息子はもうすでに私と同じ身長で、

読み聞かせというには立派過ぎて(笑

きっとおかしな光景だろう、そう思いましたけど

また「読んで。」と言ってくれたことがうれしくて

「じゃあ、ひざに乗っていいよ。」 と。

私がそういうと恥ずかしそうに

ひざに乗ってきて絵本を手渡してくれました。

実際には息子の体が大き過ぎて手に持った絵本の文字が

見えやしないのですが(笑、

絵本を天にかざすように持ち上げて、変な姿勢で読み聞かせ。。

2人でけらけら笑いながら、大きく成長した息子の重みと

ささやかな幸せを感じられる

私にとって大切な思い出となりました。


息子のことを大切に思っている気持ちは

思春期になった息子にもちゃんと伝わっているようで、

母親の私が大切な思い出のひとつとして絵本をまだ持っているということを

よくわかってくれているようです。

「もうこんなのいらないよ。」とは言わず

息子の心の中にも 子供の頃の母親との楽しい思い出として

しっかり残っているのだなと思いました。



息子が高校へ入学したのを機に

これからの人生を生きていくうえで、息子にとって

羅針盤のような存在になる本を探していました。

春休み中にずっと探して決めたのがこれです。



45-2.jpg 


サッカー日本代表の長谷部誠選手の「心を整える。」

私はサッカーに詳しいわけではありませんが

彼の誠実で前向きなコメントに、いつも感心していました。

そんな長谷部選手の本には、私が息子に伝えたかったことが

いくつも書かれていて、目次を見ただけで

「これだ。」と思いました。

さっき息子に「これからの人生に役立ててね。」と手渡すと

とてもうれしそうに受け取ってくれました。よかった。。


今の日本は大変な状況だからこそ

ポジティブにものごとを考えて、思いやりを持って

皆で助け合ってほしい。

そして自分の目標に努力を惜しまず
 
前進してほしい。

そんな願いをこめてプレゼントです。

「心を整える。」の印税は東日本大震災の支援のため
寄付されるそうです。


長文になってしまいました

最後まで読んでくださってありがとうございました。

子供達が皆、夢と希望を失うことなく

平和で安心して暮らせる世界になりますように。。


imgf1b3aaeezik4zj.jpg 


     line.jpg  i88_4.gif  line.jpg      


にほんブログ村のランキングに参加しています


にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

  1. 息子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。