雑貨のじかん。

たいせつなもの。 たいせつなこと。 たいせつなひと。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. スポンサー広告

自分らしく。 :: 2012/12/12(Wed)


1212-1c.jpg



こんばんは、つみき*です(^-^


おうちの収納を見直し中のわが家。。

最近では無印や100円ショップの収納グッズ売り場を

うろうろしてばかりの私です。(^m^


収納の参考にと夏頃からいろいろな本を

参考にさせていただいていたのですが

どの本もとってもすてきなのに

なんだかどれも違う気がして

その原因はどこにあるのかしら?。。って

ずっと考えていました。


それがね

しばらくの間なかなか答えが出なかったのに

この数日の間にいろいろな答えを

見つけることができたのです。


答えはかんたんなことだったんです。 

使いやすい収納に自分らしさをプラスする・・

ということでした。


そのことに気づかせてくれたのは

内田彩仍さんの「12か月のこと」です。

私の大すきなクラフト素材をたくさん使っていらっしゃるということ。

おしゃれなワンポイントになるように

ボックスに工夫をされているということ。


シンプルな素材にも自分らしさを加えるという

いつもなら自然に思いつくことを

情報量の多さに もしかしたら見失って

いたのかもしれません。


「あぁそっか 私らしくひと工夫すればいいのね。」(´-`

私にとってたいせつなことを

気付かせくださった内田彩仍さんに感謝です。





1212-2c.jpg 


もうひとつ

収納の本を拝見して ぴんとこないことがありました。

掲載されているお宅の

収納スペースの違いもそうなのですが

収納環境 つまり押し入れやクローゼットのデザインが異なると

同じ収納ケースを置いたとしても

まるで違って見えるということでした。

真新しいまっ白なクローゼットやキッチン

洗面所の収納。。

どれも美しくて私にはとってもまぶしく感じられました。

でもそれは当たり前のことなんです。

私のおうちはお引っ越ししてから5年

築年数は20年近いささやかなスペースの賃貸なのですから。  
 
ですので今ある与えられた環境の中で

工夫して自分らしく収納しなければなりません。


・・・でもなぜでしょう。

以前住んでいたおうちより

収納スペースは半減しているというのに

今のほうがお片付けや収納が楽しく感じます。(・∀・)

もしかしたら私は

工夫しなければならない環境に

置かれているときのほうが

喜びを感じるほうなのかもしれません。(笑



そんな私の住環境に

ぴったりの本に出会いました。

ブログも数回ほど拝見させていただきました

本多さおりさんの「片付けたくなる部屋づくり」です。

古い2Kのお宅にご主人とお2人でお住まいだそうですが

アイデアにあふれた

等身大のすてきな暮らしがそこにありました。

古いおうちには古いおうちなりの

狭いおうちには狭いおうちなりの

シンプルでナチュラルな空間が広がっています。


よい意味で現実的な本多さんのお宅には

わが家と共通することも多く

とっても参考になりました。

すこし古い賃貸にお住まいの方
 
お写真も多く載っていますので

どうぞご覧くださいね。





家は自分のこころを写す鏡のようですね。

心が乱れていたら 自然におうちも

散らかってしまうような気がします。


いつもすっきりとした気持ちで

笑顔で暮らせるように

私といっしょに自分らしいお片づけ

始めてみませんか?(^-^





imgf1b3aaeezik4zj.jpg 




コメントをくださってありがとございます
お返事もうすこしだけお待ちくださいね。人(u_u
よろしくお願いいたします






スポンサーサイト
web拍手 by FC2

  1. 収納
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。