雑貨のじかん。

たいせつなもの。 たいせつなこと。 たいせつなひと。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

  1. スポンサー広告

たいせつなこと。 :: 2014/04/10(Thu)



w64.gif
 



こんばんは つみき*です。(^-^

今日の名古屋はとっても風が強い一日でした。

せっかくの桜の花びらが

ずいぶん散ってしまいましたね。

葉桜の頃も もう間もなくですねぇ。



今日のテーマは「たいせつなのこと。」ということで

私がたいせつに思っていることについて

お話してみようと思います。

ひとくちにたいせつなことと言っても

いろいろあるのですが

雑貨ブログをさせていただいているので

今回は雑貨への思いなど お話させていただきますね。




私が「雑貨のじかん。」をはじめたきっかけは

ナチュラル雑貨がすきな友人がまわりにあまりいなかったこと

そして100円ショップの雑貨が以前よりも

おしゃれでかわいらしく大変身していることを知って

セリアやダイソーでのお買いものが楽しくて

おしゃれな100均雑貨たちを見ていただきたくてはじめたからでした。

それまでふつうの雑貨屋さんでこつこつとお気に入りを探しては

お部屋に飾っていた私にとって

100円ショップのナチュラル雑貨の登場は

かなりセンセーショナルなできごとでした。

毎日お店に行っても楽しくって

お仕事が終わったあとでセリアへ立ち寄るのを

とっても楽しみにしていました。

新商品を見つけては ひとりで大喜びして
 
棚にお気に入りを並べて

カメラにおさめてブログにアップする。。

ずいぶん長い間 そんな日々が続きました。


でもそんなある日
 
私の「今」をつくる あるできごとが2つ起こりました。

ひとつは震災。

そしてもうひとつは100均の木製ケースのアクシデントです。

リメイクをしようと購入したそのお品は

おうちに帰って袋から出してみたら

いつの間にかひどく亀裂が入っていて

ふたが使えない状態になっていたのです。

「よく見たはずなのにどうして。。」

でも不良品を買ってしまったかもという事実よりも 

使われている「木」に対して

申し訳ないことをしてしまったと

その時 ひどく落ち込んでしまったのです。

木はきっと こんなことのために

生まれてきたかったわけではないのに

切り取られて刻まれて 挙句の果てには使われる前に

その役割さえも果たせないなんて。。


私はどちらかというと

物はなるべくきちんと たいせつに使いたいと思っている

人だと 自分で思っています。

でもたいせつにしたくても 

できないものもあるんだなって

使い捨てのような扱いをされてしまうしかない

商品もあるのだと 悲しいことですが

その時 ようやく理解できたことでした。

100均でもたいせつにずっと使いたいと思っていた私と

もともと壊れやすい木材の商品だったという現実を 

よく考えもしないで うれしいという理由だけで

買ってはいけないことを知りました。


そうなると いくつもの同じようなリメイクを

くり返すことも 100均だからいいや。なんて

たいせつな資源を無駄にしていることに気付いて

しだいに 減っていきました。


ずっと手元に置いておきたくって

ほんとうに欲しいと思うものを よく考えて。。

そんなふうに心に決めて 今の私になりました。

今の私というよりも

もとの私に戻った。と言ったほうがいいかもしれません。



今でも自分で手をかけてリメイクすることは大すきです。

今日も10年ほど使っているパソコンデスクを

塗りなおしました。(^-^

たいせつにしているデスクに さらに「長生き」

してもらうための おめかしです。

これからは 活かせるリメイクを目指したいと思います。



震災があってから 東北の手仕事のお品に

目を向けるようになって 3年が経ちました。

ブログにはもう書いていませんが

毎年3月に 東北のお品を買わせていただいています。

最初は独りよがりですが 応援したいという意味合いでした。
 
でも今では 震災を忘れないということに加えて

手仕事の 民芸品のすばらしさに出合わせてくれた東北に

感謝の気持ちを込めて買わせていただいています。

時が経てば経つほど味わいを増していく民芸品と

お手入れをしながら ずっとたいせつに使い続けたい私との

相性は とってもいいように思います。(^-^




自分の目で見て 足を運んで選んだ雑貨たちは

今も ブログを終了してからこの先も

たいせつな たいせつな 私の宝ものです。

もし いつの日か時が経ってから

私のことをふと思い出してくださる機会がありましたら

きっと私はまだ あなたの想像通りの雑貨と生活を

していると思います。

「あぁ つみき*さん 今でもあのかごを使っているかしら。」なんて

ずっと おばあちゃんになるまで

そのままの私でいたいと思っています。






imgf1b3aaeezik4zj.jpg 


ご訪問ありがとうございました。

今まで100均リメイクを楽しみにしてくださった皆さん。

ブログ終了間際にそんなこと言わなくても。。

と思われたかもしれませんね。ごめんなさい。人(u_u

でも私には とてもとてもたいせつなことでした。

たくさんの楽しいリメイクを経験できたことは

今でもとっても楽しい思い出です。

これからも自分らしい雑貨選びとリメイクを

楽しんでいけたらと思っています。リメイク記事への

たくさんのコメントを 今までほんとうに

ありがとうございました。







 今日の1冊 






しかけ絵本の「ナマケモノのいる森で」です。

本を開くと ナマケモノの森が広がり

思わず「わあっ」っと歓声をあげてしまいます。 

・・森があるのはだれのため?

人のため?

たいせつなことに気付かせてもらえる絵本です。







 




 
web拍手 by FC2

  1. 未分類

もうひと皿。 :: 2014/04/08(Tue)




ご~~   ご~~




ぐる~~    ぐる~~




ぐおお~~  (ㅎωㅎ。o○  ぐおお~~







こんにちは 毎夜毎夜

ジャングルから得体の知れないおそろしいケモノが

枕元にやってきて

私の耳元でうなり声をあげて困っています つみき*です。



ぐるお~~ (~Δ~) ぐるお~~
おそろしいケモノ 別名夫ともいう。



そこでわたくし 夜中に対応策を考えてみました。(・∀・)





* 対策その1 *

足の裏をこちょこちょしてみる。

こちょこちょ~ へ(´∀`へ)


・・・反応なし。




* 対策その2 *

お顔に洗濯ばさみを10こつけてみる。

ぐる~ (  - _ -  ) ぐる~
顔のびてる


おもしろいお顔になるだけで効果なし。




* 対策その3 *

そおっとそおっと ジャンボプールのビッグスライダーに
おふとんごと運んで流してみる。

シャーッΣ(○д○ノ)ノ ひーーっ


しっしっ¬m¬しっしっ
↑想像のみにとどめておく心やさしいつみき*さん。






そうしてこうなりました。


ぎらぎら@∀@ぎらぎら
夜中にくだらないことを考えすぎてよけいに眠れなくなるつみき*さん











48-1d.jpg 


「くらすこと」さんのネットショップでもう1枚

小鹿田焼の器を買いましたよ。(^-^


ラッピングのような梱包もすてきです。





48-2d.jpg


飛びカンナのもようが ふちっこにだけ施されているお品です。

シンプルですてき。





48-3d.jpg


息子のお茶わんも加えると

小鹿田焼の数は3つになりました。









imgf1b3aaeezik4zj.jpg 


ご訪問ありがとうございました♪


先日の息子の記事にあたたかい応援メッセージを

たくさんくださってありがとうございました。

受験再チャレンジの息子にとって

とっても大きな励みになったようです。

これからも親子共々がんばりますね。





 今日の1冊 



 


本屋さんではなかなか見つからないのですが

表紙のキッチン道具たちが

すてきなお品ばかりで

最近とっても気になるのです。















web拍手 by FC2

テーマ:雑貨・インテリアの紹介 - ジャンル:ライフ

  1. 雑貨

雑貨のじかん。特別編 :: 2014/04/04(Fri)




こんばんは、つみきの息子です。 


今回は特別編ということで、1度だけブログと言うものを書かせていただきたいと思います。 笑



まず、受験の応援や励ましのコメント、本当にありがとうございました。


落ち込んでいた気持ちが、読んでいるうちにぱっと明るくなったような気がします。


昨年の失敗から学んだことを活かして頑張ります!


とりあえず1度目の受験が終わって、当然次の戦いに向かっていくのですが、


その前に、ブログの企画ということでたくさんのお店やイベントを回ることができました。


今日は、その間に購入した新しい家族たちを紹介していきたいと思います。





最初は食事のお供です。 



 331-1d.jpg



以前の記事でも紹介された、いろは堂で開催された


「ろじうらの小鹿田焼展」 で購入した器です。


このイベントでは、さまざまな種類の小鹿田焼があり、ひとつひとつが少しずつ違っているので、


思わず目移りしてしまいました。


じっくり考えて選んだこの人をずっと大事にしていきたいと思います。


(最初に食事のお供と書きましたが、今のところ本棚に飾る予定なのでたぶん本棚の住人になります。 笑) 







次は勉強のお供たちです。



331-2d.jpg 



勉強で使う文房具たちは、毎日お世話になるものなので


じっくり考えて本当に欲しいものを買おうと決めていたのですが、


揃えるのに2カ月もかかりました。 笑 


特にペンケースは一番悩んでいて、手元に来て実物を見た時は、


長い間パソコンとにらめっこをして選んだ甲斐があった、ととてもうれしかったです。


(実際に販売してるお店を知らなかったので、インターネットで購入しました。) 



331-3d.jpg 



写真に載っている洗濯ばさみは、参考書をはさむ時に使います。


便利!




331-4d.jpg 



※写真の本は菊池亜希子さんの「みちくさ」です。





331-5d.jpg
 


おやすみ中。 
 






もちろんノートも使っています。



331-7d.jpg 



最近はもっぱら無印。


使い始めたきっかけは、高校2年生(2年前かな?)の時のクラスに


使っているものがおしゃれで密かに尊敬してる人がいたのですが、


その人が無印のノートを使っていて...


思い切って真似をしたんです。 笑


そしたら、見た目がシンプルな所も良いのですが、なにより書き心地が良くて


いつの間にか気に入っていて、ノートは無印でしか買わなくなっていました。


今ではルーズリーフも手帳も紙のふせんもみんな無印です。


もう抜け出せません...  笑







最後は、買い物のお供です。



331-6d.jpg 



THE NORTH FACEのものです。


リュックは菊池亜希子さんが持っているものと同じブランドにすると元々決めていたので


ほとんど悩みませんでした。


菊池さんの雑誌「マッシュ」では、バッジを付けてアレンジをしていたので


プレーンの状態を楽しんだら自分でも挑戦してみたいと思います。


今はまだアイデアを考えながらニヤニヤするところで止めておきます。 笑









今年の受験では第1志望に行くことが出来ず、もう1年受験生を続けることを決めました。


これからどんなことが起こるかは分かりませんが、


コメントでいただいた励ましの言葉や身近に自分を支えてくれる人たちがいるという幸せを


たくさんのエネルギーに代えて、あと1年頑張っていきたいと思います。


本当にありがとうございました。



thankyou.jpg







web拍手 by FC2

テーマ:雑貨・インテリアの紹介 - ジャンル:ライフ

  1. 息子

お花見をかねまして。 :: 2014/04/03(Thu)


43-3d.jpg



こんばんは、つみき*です♪

お花見をかねまして

コメダへコーヒーを飲みに行ってきましたよ。(・∀・) 


こちらはね 先日ご紹介させていただきました

天白区植田のフィールからピアゴへ向かう

 途中にあります ミニストップの交差点です。(^-^

すっかり満開を迎えた桜並木はとっても美しく輝いていて

まぶしいくらいでした。



この画像は北側へ向かう道を写していまして

上りの坂道になっています。






43-2d.jpg


そしてこちらは南へ向かう 下りの坂道です。

せり出した桜の木がトンネルのようになっていますので

ひらひらと舞い散るお花のアーチの下を

祝福されながら通っているようで

とってもしあわせな気持ちになります。(^-^
 
やっぱり桜の季節はいいですねぇ。







43-1d.jpg 


大にぎわいのコメダで

息子とふたり ホットコーヒーと

ミニシロノワールをいただいてきましたよ。(^m^

シロップをとろ~りとかけて

おいしくいただきました。







sakura.png 






今日も遊びにきてくださってありがとうございました♪


近くの空き地にムスカリのお花畑ができていて

とてもきれいでした。

思いがけない場所にお花を見つけると

おさんぽをするのがいっそう楽しくなりますね。

その生命力に 私もいきいきとした

暮らしをしたいなって たくさんの元気をもらえます。(´∀`









 

web拍手 by FC2

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

  1. 日々の暮らし

たいせつなひと。 :: 2014/04/01(Tue)




w89.gif
 


こんばんは この2~3日で

いっきに咲いた桜を見て

こんなお顔になってしまいましたつみき*です。↓

  Σ(・Д・;)ななっ

完全にペース配分を間違えてしまいましたねぇ。(・ω・;)

・・と いうことで

ブログ終了は 桜の花が満開のころ。ではなくって

「花びらがひらひら舞い踊る葉桜のころ。」に

設定変更いたします。(笑

もうすこしだけ

よろしくお付き合いくださいね。人(^-^








320-2d.jpg


さて今日はね めずらしく私の父のことを

書いてみようと思います。(^-^




数年前 父が亡くなるまでの間

私は病気の父と 骨が弱く骨折をくり返してしまう母の

スーパーの買出しや病院の送り迎えなどの

身のまわりのお世話を

数年間していたことがあります。

母は明るくマイペースな人でしたが

病気のせいで食が細くなり 食べられるものの数が

極端に少なくなっていつも不機嫌な父の

食事のしたくをすることに

その頃ずいぶん大変な思いをしていました。

母はあまりお料理がすきな人ではありませんでしたから

なおさらですね。(´-`

大きな病気でしたし 機嫌がよくないのは

父は父で とても不安で

母にやさしくしてほしかったのではないかと思います。

背後に忍び寄る死への恐怖心も

痛いほどわかりますし 

母の大変さもわかっていましたから
 
どうにかしてあげなくちゃ。という思いが

その頃私の中に常に強くありました。



父がその頃 唯一大すきでよく食べていた

やわらかいサーモンのお刺身が

のどを通らなくなってしまったとき

父の体重が38キロにまで落ちてしまい

おトイレに立つのがやっとという状態でした。

寝室のお布団に横たわり
 
若い頃 きちんとスーツを着て凛々しかった父が

印象深い私は

ただ天井を見つめているだけの 痩せ細って

弱々しく変わり果てた父の姿が

 かわいそうで つらくて。。
 
でも父の前では笑顔でいなくちゃ 悲しい思いを

させてしまいますものね。


切なく悲しい光景を見たあとで

涙は見せずにどうにか実家を出て

車に乗り込んだとき ふと

お食事じゃないけれどケーキなら

ふわふわとやわらかいし食べられるんじゃ

ないかしら。。と気づいて その足で

植田のLAKEWOODさんで食べやすそうな

ロールケーキの「植田ロール」を買ってみようって

思ったのです。


まただめだったらどうしよう。

食べられなくてひどく傷つけてしまったら。。


そんな 重てく暗い気持ちのまま 店員さんを見上げましたらね

とってもすてきな笑顔の店員さんのお顔が

目に飛び込んできたんです。

辛いときに向けられる笑顔ほど うれしいものはありませんね。

もちろん店員さんは私の事情など全く知りません。

でもなんだか救われたような気がして

あふれそうな涙を必死でこらえている自分がいました。


ロールケーキを受け取り

そのまま もういちど父のもとへ届けに行きました。

食べやすい幅に切り分けて父の枕元に差し出すと

いつもとすこし違う反応。

ひさしぶりに見たロールケーキに興味を

示してくれたんです。

そして ひとくちぱくり。


「・・・おいしい。」


力のない声でしたが その表情は

とてもうれしそうで しあわせそうで。

父が喜んでくれたことが何よりもうれしくって

涙がぽろぽろとこぼれてしまいました。


おいしいって思えるってしあわせなこと。

おいしいと感じることは 生きている証ですよね。

もういちど父に「おいしい。」と感じさせてくださった

LAKEWOODさんに

そしてすてきな笑顔で私の心を救ってくださった店員さんに

心より感謝申し上げます。






その後 ホスピスに入院した父が息を引き取って

1ヶ月が過ぎたころ

父を偲んで そしてLAKEWOODさんに父のお礼を

言いに お店へうかがったことがあります。

お店に入ると あの時と同じ

すてきな笑顔で迎えてくださった店員さん。

あの時の気持ちがふわっとよみがえってきて

感謝の気持ちといっしょに痩せ細った父の姿がよぎって

また涙があふれそうになって
 
せっかくお礼にうかがったのに

ただ「植田ロールをひとつください。」と

声を絞り出すことしかできませんでした。

そしてケーキを受け取ったあと 心の中で「ありがとうございました。」と言い 

おじぎをしただけでお店から出てきてしまいました。

きっと今にも泣いてしまいそうな私に

様子のおかしいお客さんって思われたことと

思いますが(はずかし。。)

今でも ケーキを買わせていただくたびに

あのときの事を思い出して

心の中で「ありがとうございました」と

つぶやいている私です。







私が幼かったころは 父はとても厳しくて

近寄りがたい存在の人でした。

やがて私は妻になり 母になり

そして父はおじいちゃんになりました。

お仕事をリタイヤしてからの父は ほんとうに

すてきなおじいちゃんで いつも私と息子のことを

気にかけてくれていました。

旅行もコメダもフランス料理もデパートも

平日休みの夫に代わって ずいぶんいろいろな場所へ

連れて行ってもらいました。

息子が小学校高学年になるころ

私と父の役割が入れ替わっていくことになるのですが

どんな形であっても

父とたくさんの時間を共にできたこと

そして私と息子へたくさんの愛情をそそいでくれたことは

一生の私の宝物です。


そしてもし私が死んでしまったら

真っ先に天国にいる父のもとへ行き

おみやげのロールケーキをいっしょに

いただきたいと思います。








320-1d.jpg 









imgf1b3aaeezik4zj.jpg 


ご訪問ありがとうございました♪


父がいるから私が生まれ

そして息子を授かることができました。

天国の愛するお父さんへ

感謝をこめて ほんとうにありがとう。
















 
web拍手 by FC2

  1. 未分類
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。